top of page
  • 乙原李成/Otohara Risei

石川鉄雄の煩悶(2023/7/29)

石川鉄雄(1886-1934)は東京府出身。明治43(1910)年東京帝国大学法科大学法律学科卒業。

大正元(1912)年から第四高等学校(金沢市)教授を約5年務めた。

農商務省臨時産業調査局に一時席をおいたあと、大正7(1918)年南満洲鉄道入社。

東亜経済調査局に配属され、『世界製鉄業』のうち、概篇・独逸製鉄業を分担執筆。

翌年に本社調査課長を命じられ、それまでの現地調査に加え、東亜経済調査局の資料組織法を持ち込む功績があった、とされる。

昭和2(1927)年臨時経済調査委員会委員長兼第一部幹事、昭和7(1932)年経済調査会副委員長と、調査を伴う管理職を次々こなした。

関東軍との折衝を伴う激職のために、外国留学時にかかった結核が再発、昭和9(1934)年に天に召された。

思想信条の点において、新渡戸稲造門下、内山鑑三にも影響を受けたプロテスタントだった。

満蒙文化協会、満鉄社員会の運営にも関わり、その早すぎる死が関係者から惜しまれたという。


参考文献

「経済調査会設立について」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C13010317400、縣自治組織暫行章程他 住谷悌史資料(防衛省防衛研究所)

『官報』明治43年7月13日、大正元年9月2日

「閑話休題」『雄弁』(大日本雄弁講談社)第6巻第11号(1915年11月)

塚本虎二「先生に蝮の卵と言はれた「柏會」」『内山鑑三全集月報』(岩波書店)第16号(1933年7月)

「石川鉄雄氏逝く」『新天地』(新天地社)第14巻第8号(1934年8月)

「石川鉄雄君の面影」『新天地』(新天地社)第14巻第9号(1934年9月)

「逝ける石川鉄雄氏」『満蒙』(満蒙社)第15巻第10号(1934年10月)

『南満洲鉄道株式会社第三次十年史 下巻』(龍溪書舎1976年)

「満鉄調査部関係者に聞く 23 」『アジア経済』第29巻第3号(1988年3月)(『満鉄調査部』(アジア経済研究所1996年)所載)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

末は博士か大臣か(2024/2/17)

東亜経済調査局関係者で博士号取得者は、松岡均平や大川周明がすでに紹介済なので、大臣(または国会議員)経験者を紹介したい。 波多野鼎(1896-1976)は愛知県出身のマルクス経済学者。 1920年東京帝国大学法学部法律学科(イギリス法選修)卒業。 在学中は東大新人会に参加。 同年満鉄入社、東亜経済調査局配属。 1922年同志社大学教授。 1946年九州経済調査協会会長。 1947年参議院議員に当選

学歴だけが頼りだった(2023/12/16)

南満洲鉄道株式会社におかれたソビエト・ロシア調査部門を調べていて違和感をいだいたのは、田中九一(1896-1995)という人物だった。 愛知県出身。大正10(1921)年東京帝国大学法学部法律学科(ドイツ法選修)卒業後に満鉄入社、東亜経済調査局配属。 翌年に東大新人会OBが結成した社会思想社にも参加。 波多野鼎(1896-1976)、嘉治隆一(1896-1978)、京都帝大卒の松方三郎(1899-

Comments


bottom of page