top of page
  • 乙原李成/Otohara Risei

満鉄東亜経済調査局見学報告(2)(2024/1/13)

(承前)

海軍大学校大正10(1921)年作成。(個人蔵)

近代調査機関のあり方の一例。


(21ページ欠)





























(続く)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

末は博士か大臣か(2024/2/17)

東亜経済調査局関係者で博士号取得者は、松岡均平や大川周明がすでに紹介済なので、大臣(または国会議員)経験者を紹介したい。 波多野鼎(1896-1976)は愛知県出身のマルクス経済学者。 1920年東京帝国大学法学部法律学科(イギリス法選修)卒業。 在学中は東大新人会に参加。 同年満鉄入社、東亜経済調査局配属。 1922年同志社大学教授。 1946年九州経済調査協会会長。 1947年参議院議員に当選

Comments


bottom of page