top of page
  • 乙原李成/Otohara Risei

ベーレンドとハック(2023/8/5)

ウィードフェルドの後任として東亜経済調査局を指導したのが、マルティン・ベーレンド(Martin Eduard Theodor Behrend, 1865-1926)。

そして同時期に助手として、フリードリヒ・ハック(Friedrich Hack, 1887-1949)が採用された。

前者は東プロイセン、ケーニヒスベルク出身。ライプツィヒ、ゲッティンゲン、ハイデルベルクで学び、1896年マグデブルクの商人組合に関する論文で博士号を取得。商業学に関する著作を出したあと、マンハイム商科大学学長。1913年来日。南満洲鉄道株式会社で働くとともに、E.レーマンのあとを継いでドイツ東洋文化研究協会(OAG)の代表者(Erster Vorsitzender)になった。第一次世界大戦開戦により帰国。マンハイム商科大学にもどり、1923年から1925年のドイツ経済が厳しい時期に再び学長を務めた。

後者は南ドイツ、フライブルク出身。現地にて博士号取得後に来日。南満洲鉄道株式会社で働くとともに、ドイツ東洋文化研究協会(OAG)でも司書として働き、1913年当時の日本の植民地に関するレポートを執筆。第一次世界大戦開戦により出征、中国の青島で日本の捕虜になった。その後ドイツと日本海軍とで物資を売買する貿易会社を経営。昭和11(1936)年日本・ドイツ合作映画『新しき土』製作時に再来日し、日独防共協定の成立に関与。ナチス・ドイツ内部の権力闘争に巻きこまれてスイスに亡命。のちにアメリカ戦略情報局(OSS)のエージェント(OSS code no.673(Petersen,1996.))として、第二次世界大戦の終戦工作に関わったことで知られる。

大正3(1914)年当時、東亜経済調査局にはベーレンド、ハックとバウムフェルドの3人の外国人がいて、年間予算5万円のうちベーレンドが1万8千円、あとの2人があわせて8千円の年俸を得ていたとされるが、ベーレンドは南満洲鉄道のために『港湾労働者問題』というレポートを1本書いただけ。OAGにも短期間いただけで、目立った活躍はできなかったようである。


参考

OAG mitteilungen, Band 16(2023年8月4日閲覧)


Landesarchiv Baden-Württemberg Biografien(2023年8月4日閲覧)


『図書館雑誌』(日本図書館協会)第22号:1914年11月


Neal H.Petersen:From Hitler's doorstep.Pennsylvania state university press,1996.(個人蔵)


中田整一『ドクター・ハック』(平凡社2015年)


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

末は博士か大臣か(2024/2/17)

東亜経済調査局関係者で博士号取得者は、松岡均平や大川周明がすでに紹介済なので、大臣(または国会議員)経験者を紹介したい。 波多野鼎(1896-1976)は愛知県出身のマルクス経済学者。 1920年東京帝国大学法学部法律学科(イギリス法選修)卒業。 在学中は東大新人会に参加。 同年満鉄入社、東亜経済調査局配属。 1922年同志社大学教授。 1946年九州経済調査協会会長。 1947年参議院議員に当選

学歴だけが頼りだった(2023/12/16)

南満洲鉄道株式会社におかれたソビエト・ロシア調査部門を調べていて違和感をいだいたのは、田中九一(1896-1995)という人物だった。 愛知県出身。大正10(1921)年東京帝国大学法学部法律学科(ドイツ法選修)卒業後に満鉄入社、東亜経済調査局配属。 翌年に東大新人会OBが結成した社会思想社にも参加。 波多野鼎(1896-1976)、嘉治隆一(1896-1978)、京都帝大卒の松方三郎(1899-

Commentaires


bottom of page