top of page
  • 乙原李成/Otohara Risei

中西寅雄旧蔵国内刊行書目録稿:国立国会図書館所蔵

国立国会図書館オンラインから検索。

紙で目録をつくるとコストがかかるので、ファイルで公開。

将来的にはデータベースにしたい。

中西文庫 和書
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.41MB




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中西寅雄の蔵書構築(2023/4/29)

中西寅雄(1896-1975)の蔵書は、大正12(1923)年東京帝国大学経済学部助教授任命後、その年の10月から大正15(1926)年7月までドイツに留学したときに集めたものと、日本国内で研究のため買い求め、知り合った研究者間で著作を贈り、贈られた結果集まったものに分けられます。 マルクス経済学が隆盛だった当時の、マルクスやエンゲルス、カウツキーの原書と翻訳。本業である経営学の、シュマーレンバハ

中西寅雄と国立国会図書館(2023/5/5)

国立国会図書館(千代田区永田町)の創設に当たり、当時の衆参両院の図書館運営委員会により中西寅雄旧蔵書の評価と購入が決められました。価格は洋書が「その当時の値段の8倍ないし9倍」、「和書は1部50円」、合計「85万円」と評価されました。『衆議院図書館運営委員会議録』には、昭和22(1947)年7月時点の井上知治(1886-1962)議員の発言として、「昨年の十月ごろだったと思います。私の親しい友人で

中西寅雄年譜(2023/4/29)

明治29(1896)年和歌山県貴志川町(現、紀の川市)生まれ 大正9(1920)年東京帝国大学経済学部商業学科卒業、同大学院進学 大正12(1923)年東京帝国大学助教授、1926年まで文部省留学生としてドイツに留学 昭和2(1927)年東京帝国大学教授 昭和6(1931)年『経営経済学』(日本評論社) 昭和9(1934)年商工省臨時産業合理局(1930-1937)小売改善調査委員会委員 昭和11

Comments


bottom of page